30代のスキンケアは基本的な所から見直していく

hitomi / 2018年11月10日

30代になり日頃のお肌の手入れをしていて分かる事は、潤いや張りがなくなりとても乾燥しやすく突っ張る様になった事です。

20代の時には感じられなかった洗顔後の肌の水分が一瞬でなくなる事や、少しの摩擦でも毛穴が広がり更に黒ずみなどもうまく落ちなくなったのです。

鏡を見ても分かる様に、加齢と共に肌も衰えてしまってきて私は酷くショックでした。

どうにかまだ30代のうちにほんのわずかでも皮膚トラブルなどが出ない様にしたいのと、お肌の調子を良くしたくスキンケアを見直してみる事にしました。

まず洗顔はこれまで洗い上がりのすっきり感を重視してしまっていたので、潤いを保つ事や泡で洗う様にし肌を傷付けない様に気を付けました。

次にスキンケア一式を見直して、育児の中で簡単に出来るオールインワンを辞めて、導入液・化粧水・乳液・クリームと一つ一つ丁寧に肌になじませながら少しでも時間をかけながらやり続けてみました。

ここで気を付けたいのが、素手で化粧水などを使用するのではなく必ずコットンを使い一滴も手に浸透させずお顔につけれる様にしました。

コットンを使用する事で溝にも十分に化粧水などが行き渡り、全体にまんべんなくつけられるのでとてもおすすめです。

こうして気を付けていく事で、以前に比べてお肌を触ると違いが分かる程に変わりました。あわせて読むとおすすめ⇒sonokoホワイトの口コミには効果が良く書かれています

FILED UNDER : 未分類

TAG :

Submit a Comment

:*
:*