hitomi / 2018年9月6日

スキンケアをサボればサボっただけの肌になってしまうから

“スキンケアを難しいと思っているとサボることが当たり前になってしまいますよね。

スキンケアじゃなくたって難しいとか面倒くさく感じることはサボりがちになるでしょう。

それでも大人になったらスキンケアは必要ですし、サボったらサボっただけの肌になることは避けられません。

私は一時期仕事に追われるような生活で、家に帰ると御飯も食べないまま横になりそのまま眠るというおかしな生活をしていました。

もちろんそういう生活がしたかったわけじゃなく、朝起きるとメイクをしたままの汚れた顔を見ていつも悲しい気持ちでいっぱいになっていました。

生活していくために仕方がなかったとはいえ女を捨てた生活が私の気持ちをますます荒ませ、そこそこお金はあっても体や肌はいつもボロボロ・・・。

こういう経験をしたからこそスキンケアの大切さが分かるし、肌の状態を悪くしてしまったら取り返しがつかないことも身にしみて分かりました。

今は体の負担になる仕事から離れスキンケアを毎朝毎晩続けていますよ。

私が1番時間を使っているのは洗顔、その次に時間を使っているのはクリームを塗りながらのフェイスマッサージ。

気持ちが良いし、なにより血行が良くなって健康的な顔色になります。”
詳しく調べたい方はこちら⇒HADARI(はだり)の口コミと効果

hitomi / 2018年8月16日

風水に興味があります

風水に興味があります。家の中の状態を良くするためには掃除が欠かせませんが、掃除を済ませてきれいになったところに盛り塩をする習慣があります。

それから玄関を拭き掃除して清めることも続けてますよ。水回りは汚れやすいので毎日掃除して水垢がつかないように気を遣ってます。

それからトイレですが、トイレは気が滞りやすい場所なのでできるだけきれいにするように心がけてます。トイレももちろん毎日掃除してます。1日1回と決めずに汚れているところを見つけたらその都度掃除をしてますよ。

トイレがきれいになったら炭を置きます。炭にはイヤなニオイを吸収する力があります。トイレにはニオイがこもりやすいので窓を開けますが、換気をしてもニオイが気になることがありますよね。そういうときに炭があると助かります。

そしてトイレにももちろん盛り塩を起きます。風水ではトイレや玄関や水回りに盛り塩を置くと良いと言われていますよ。汚れやすいところに気が滞るので盛り塩を置いて清めるのです。

こんな風に風水を実践しています。気休め程度かもしれませんが風水を実践してから悪いことが起らなくなりましたよ。こういうことは真面目に取り組むことが大事ですよね。

hitomi / 2018年8月16日

年を取ると涙もろくなります

年を重ねると涙もろくなることに対して興味があります。私自身が年齢を重ねて涙もろくなっています。そういうことも含めてどうして年を取ると涙もろくなるのか興味津々なんです。

私の知り合いでも年々涙もろくなっていくと言っている人がたくさんいます。私は滅多に泣かない子供でしたし、若いときも滅多に涙なんて流さなかった人間ですが、不思議なことに40代になってから年々涙もろくなっていくのです。

自分がこんなに泣き虫だったなんて最近まで分かりませんでした。泣こうと思っても涙ひとつ流れない子供だったのに、気の強い子供だったのに、こうも変わると自分じゃないみたいで・・・。

私の父も若いときは気が強くて私は父の困った顔や涙を見たことがありませんでした。いつも自信満々のように見えていたし、いつも楽しそうで悲しいことなんて何もないんだろうな・・・と思っていました。

そんな父も年を取るに従い涙もろくなって何度か父の涙を見るようになって・・・。年を重ねると涙腺がゆるくなると言いますがそれって本当なんですね。

私は最近よく泣くようになりました。悲しいことで泣くんじゃなく感動して涙が出るのです。涙腺が確実にゆるくなっているようです。

hitomi / 2018年8月16日

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !